メッキや溶接など金属加工には酸洗いが必要です

金属加工に酸洗いが必要な理由

金属にメッキ処理をする場合、または溶接や半田付をする場合には洗浄と呼ばれる作業や酸洗いと呼ばれる前処理が必用となります。これは、金属表面の酸化被膜を取り除くことで、メッキや溶接が付きやすくするためです。特に酸洗いは、確実に金属の表面から汚れや酸化被膜が取り除けるために、良く利用されています。酸洗いの中でもエッチングと呼ばれる作業は、フッ酸など強い酸の薬剤を使用して、金属の表面を溶かします。これによって、表面の汚れを取り除くと伴に、金属の表面を荒らすことで、さらにメッキを付きやすくすることができます。エッチングを長時間行うことで、表面を荒らすだけでなく、金属表面を溶かしてパターンを形成することもできます。エッチングが必要な部分と不必要な部分をマスキングで分けてエッチングを行うことで、複雑な電気回路のパターンも形成することができるのです。

酸洗いは専門業者に任せましょう

酸洗い、エッチングは強力な酸を使用するので、素人が作業することは危険です。酸洗いを行う設備は、特定施設として行政への届け出が必要です。使用される薬品についても規制がありますし、毒物・劇物・有機溶剤などの取り扱いの資格も必要となります。換気・排気の設備や産廃の処理も必要なので、専門の業者へ委託するのが望ましいでしょう。酸洗いは大変便利で、日本の加工技術に大いに役立っていますが、環境や人体への影響負荷は大きいと言えます。安全衛生や環境について十分に配慮されている業者に委託するのがベストと言えます。

酸洗いとは、酸を使って金属を洗浄する方法です。金属製品の汚れを、硫酸や硝酸といった酸性の液体を用いて取り除きます。

You may also like...