どんな特徴がある?合宿で免許を取得するメリットデメリット

短い期間で免許を取ることができる

合宿による免許の取得には数多くのメリットがありますが、その最たる物と言えるのが取得までの期間の短さです。合宿は文字通り教習所が管理する寮などの宿泊施設で生活をして1日を通して勉強や実技に励むことになります。これにより、一般的な通学による免許の取得が平均数ヶ月かかるのに対して、合宿であれば数週間程度で取ることが可能です。

取得までの費用を抑えることができる

免許を取得する上で頭を悩ませる人も多いのが教習所に支払う費用です。取得までに掛かる費用は教習所によって若干の違いがありますが、ある程度まとまった費用が必要となるため少しでも安く抑えることが大切になります。

この費用においても、通学と合宿では大きな違いがあって、通学が取得までに掛かる金額の平均が30万円前後なのに対して、合宿は平均20万円前後です。これは合宿の場合予め授業のスケジュールを教習所側で組むことで無駄を省いて効率良く進められるのが主な理由になります。

この費用の中には食事や宿泊代も含まれているので、試験に落ちて余分に授業を受けるといったイレギュラーが無い限り、別途費用が発生する心配はありません。

地方合宿ならではのデメリット

ここまで説明からもわかるように、合宿免許には数多くのメリットがあります。しかし、注意すべき点もあって、その一つが運転環境の違いです。合宿制度を設けている教習所は別途宿泊施設の維持費が掛かることから、比較的土地が安い地方に集中しています。大都市圏と地方では車の交通量が大きく異なるため、都心から合宿に通う人の中には免許取得後の環境の違いに戸惑いを覚えるケースも少なくありません。

交通量が多くなるほど注意力や判断力が求められるので、合宿で取る時はこの点に注意が必要です。

合宿免許は、宿泊施設や教習所で3食を取る事が出来るので、2週間前後の合宿生活は栄養面で偏る事はありません。

You may also like...