ガーデンニング霊園の概要とメリット・デメリット

ガーデンニング霊園とは何か

ガーデンニング霊園とは、お墓の周囲に花や草木がある庭園の様な墓地のことをいいます。園内には、季節ごとの花や緑が植えられていて、噴水や池などが設置されている霊園もあります。設計は、造園家やフラワーコディネーターといった園芸の専門家が行っており、管理運営のアドバイスもしています。

ガーデンニング霊園のメリット・デメリット

ガーデンニング霊園には、様々なメリットがあります。まず、お墓という暗いイメージがないので、気軽に立ち寄ることができます。また、都心や駅に近く、階段や段差のない霊園が多いので、高齢者や車いすの人でもお参りすることが可能です。さらに、どのような宗教・宗派の人でも同じ場所に埋葬できることも、大きなメリットです。しかし同時に、デメリットもあります。一番の問題は費用です。自分のお墓だけでなく、花や植木の管理費用もかかるので、高額になってしまいます。また、自分で管理をする場合は、自分の手で植木の手入れをする必要があります。

選ぶときのポイントとは

ガーデンニング霊園を選ぶ際には、いくつかのポイントがあります。最も重要なポイントは、植物の状態です。雑草が生えていないか、葉についた蜘蛛の巣などが放置されていないか、うどん粉病など病気になっている植物はないかなどが、チェックポイントとなります。そして、スタッフのレベルも重要です。植物の手入れが行き届いているか、専門知識のあるスタッフがいるか、来園者や見学者の質問にしっかりと答えられるかなど、自分の目で確認することが大切です。

いせやの公式サイトはこちら

You may also like...