なぜ詰まってしまうのか?トイレが詰まる原因

流してはいけない物を流してしまう

近年は拭き掃除をしてそのままトイレに流せるような商品も登場していますが、水洗トイレは基本的に汚物とトイレットペーパーだけが流れるはずです。よくミスを起こしがちなのがトイレットペーパー以外のティッシュを流すことで、詰まりの原因となってしまいます。トイレットペーパーは最終的に水に溶けるように作られていますが、通常のティッシュは溶けません。また、子どもが誤ってトイレットペーパーの芯を流してしまうなどのミスも詰まりの原因となります。自分だけが気を付けるのではなく、子どもや祖父母を含めて注意を促しておくとより安心です。

一気に流し過ぎてしまう

便秘が解消した時はどうしても便の量が多くなってしまいますし、お腹を壊した時は拭いた後に再び便意を催してトイレットペーパーの使用量が多くなります。これらが原因で水洗トイレが一杯になると、当然スムーズに流れなくなります。一気に流れないと察知した段階で、一回流しておくと良いです。水の流れは勢いがありますが、それを過信するのは危険です。

水の勢いが何らかの原因で落ちている

水の勢いが失われるのも、詰まってしまう一つの原因です。水の勢いが弱いと、それだけ奥に押し流すことができなくなるので、滞ってしまうのです。トイレの水の流れは普段から深く観察するような部分ではありませんが、それ故に異変にも気付きにくいという難点があります。水の勢いが失われる原因は様々ですが、水洗トイレも物である以上経年劣化は避けられません。目視であっても、定期的なチェックは大切です。

トイレのつまりが酷い場合は、専門業者に依頼する事ができます。対応が迅速な業者だと即日で解決できる場合があります。

You may also like...